FXを始める前の基礎知識

決済注文の方法

決済注文の方法

次に、決済注文についても例を挙げながら説明していきたいと思います。

 

まず「買いから入る」場合、今回は1ドル=110円で買ったと仮定しますす。

 

レートが変動し、1ドル=115円程度になったら、儲けのチャンスなのでドルを売り決済を執行しましょう。

 

持っていたドルを売り、ドル買いのポジションを手放すことで『決済注文』となります。

 

では、「売りから入る」場合です。

 

この場合、ドルを売ったことがポジションですから、ポジションは手放さなくてはいけません。

 

儲けが出るチャンスは、円の価値が上がったとき、すなわちどるが安くなったときです。

 

自分のドルを買い戻し、ポジションを手放しましょう。

 

「買い」の場合、取引を行うためにお金を払ってレバレッジの効いた『資金』という商品を借りて取引を行っています。

 

一方「売り」の場合は、『商品』を借り、それを売り、価値が変わったら買い戻すというものです。

 

借りたものは返さなくてはならないのが世の中のルールですね。

 

買ったものは売って決済。売ったものは買って決済。これがFXの注文方法の基本となっています。

最新ニュース
  • YAHOOニュース・・・ニュース速報
  • YAHOO天気・・・最新天気情報
  • YAHOOスポーツ・・・サッカー、野球、ゴルフ速報
  • YAHOO地図・・・地図の検索、ロードマップ

  • ホーム RSS購読 サイトマップ
    HOME 反対売買と損益 新規注文の方法 決済注文の方法 成行注文の方法 指値注文の方法