FXを始める前の基礎知識

FXを始める前の基礎知識

当サイトについて

FXを始めるためには、まず『ドルが安いうちに買い、レートの変動によって高くなった売る』こういった流れが簡単に想像がつくと思います。

 

ただ、FXの場合は『売り』から入る方法もあるのです。

 

FXを知らない人にとっては、「なんで最初に売るなんてことが出来るの?」と思ってしまいますね。

 

こういったこと、もちろん始めてからの勉強でも間に合いますが、取引を始める前に知っておいたほうが、効率のよい取引ができるようになるものです。

 

当サイトでは、FXの注文をする際に、事前に知っておいたほうがいい、と思ったものについての紹介をしています。

 

なにかの参考にしてみてください。

日本人に多いと言われる包茎ですが、でもその状態は人それぞれでしょう。

その昔、人生いろいろ、年金も人もそれぞれみたいなことを言った総理大臣も

いましたが、それはルールだろう?と思いますが、包茎に関しては間違いなく

人それぞれです。

 

包茎治療包茎手術を受けるべき状態、受けた方がいい状態、というのは

人それぞれにあるはずです。

ただ、それがどういうレベルなのか把握できない現状に問題がありそうです。

 

自分で計測してもわかりませんし、やはり専門家に見てもらうのが一番

正確な判断が出来るものです。

しかし現状、なかなか専門家に見てもらうのは、恥ずかしいものです。

 

私も無料診断などで、どんなものかを見てもらって包茎治療包茎手術などを

受けた方がいいのか位は、聞いておこうかなと思ったりしましたが、

最終的には、見られるのが恥ずかしくて、クリニックに行くのを辞めました。

 

こういうことは、ルールではないので、なかなか一般の人が判断することは

難しいものです。しかも包茎は大人になっても見られると恥ずかしい部分ということで

余計に難しくなります。

まあ自信がある人は、そんなこと思わないでしょうけど・・・なかなか自身はねえ。

売買の値段をあらかじめ設定しておいて、取引にのぞむ注文方法のことを『指値注文:リミットオーダー』と呼びます。

 

自分が買いたい、または売りたいと思うレートをあらかじめ設定しておくことで、注文後にそのレートが一致した瞬間に取引が約定します。

 

現在のレートよりか安く買いたいとき、または高く売りたいときによく用いられる方法で、成行注文とともに基本的な注文方法のひとつです。

 

FXの基本は、「安く買って、高く売る」もしくは「高く売って、安く買う」が大前提なので、この基本にそって、買うときは現時点のレート安く、売るときは現時点のレートより高くせっていることが可能です。

 

あたりまえのことですが、現時点のレートより高く買おうとしたり、反対に安く売ろうとする設定はできないようになっています。

 

確実に設定した金額で売買を行うために、成行注文のデメリットでもあったタイムラグによるレートのズレはこの指値注文では存在しません。

 

ですから、資産管理や算出がとてもしやすくなっていて、自分の思った通りの取引を行うことができます。

 

しかし、いいことばかりではなく指定した金額で必ず約定をするということは、レートが設定したラインまであと一歩のところで急激に低下したりしても対処してくれません。

 

そのまま下がり続けてロスカットされているかもしれない・・・なんて可能性もないとはいいきれません。

 

逆に急激にレートが上昇している美味しい状況が続いているにも関わらず、指定レートで決済されてしまうので、少しもったいないような感覚にもなります。

 

ただ、欲を出しすぎずレートの動きをよく読んだ上で、着実な取引を行う分には確実に現時点のレートよりも良い方向に動かせられるようになるので、利用しない手はありません。

あらかじめ値段を指定せずに、その場の相場の動きを見て、自分が売買したいと思った時に注文する方法を『成行注文』といいます。

 

『成行注文』は別名「プライスオーダー」とも呼ばれています。

 

「すぐにでも取引を成立(約定)させたい」なんていう場合に、非常に有効な取引方法で、値段を指定せずに約定することができることから、指数注文より約定までの時間を短縮することができるような注文方法です。

 

ということは、すぐに取引が成立するので、「今すぐ買いたい」とか「今すぐに売りたい」という人にはうってつけの注文方法といえるでしょう。

 

今すぐ〜というと、「いくらでもいいから売買したい人の注文方法」という言い方を良くされるのですが、実際には売値(bid)と買値(ask)を確認しながら行います。

 

ここで、注文してからその取引が成立(約定)するまでに若干のタイムラグが生じてしまうことを忘れてはいけません。

 

つまり、レートが激しく変動しているときに注文をしても、思っていた金額で取引ができないようなことが起こりうるのです。

 

また、そういった大きな変動によって誤差が大きすぎた場合は、約定自体が拒否されることもあり得ます。

次に、決済注文についても例を挙げながら説明していきたいと思います。

 

まず「買いから入る」場合、今回は1ドル=110円で買ったと仮定しますす。

 

レートが変動し、1ドル=115円程度になったら、儲けのチャンスなのでドルを売り決済を執行しましょう。

 

持っていたドルを売り、ドル買いのポジションを手放すことで『決済注文』となります。

 

では、「売りから入る」場合です。

 

この場合、ドルを売ったことがポジションですから、ポジションは手放さなくてはいけません。

 

儲けが出るチャンスは、円の価値が上がったとき、すなわちどるが安くなったときです。

 

自分のドルを買い戻し、ポジションを手放しましょう。

 

「買い」の場合、取引を行うためにお金を払ってレバレッジの効いた『資金』という商品を借りて取引を行っています。

 

一方「売り」の場合は、『商品』を借り、それを売り、価値が変わったら買い戻すというものです。

 

借りたものは返さなくてはならないのが世の中のルールですね。

 

買ったものは売って決済。売ったものは買って決済。これがFXの注文方法の基本となっています。

FXを始めるためには、まず『ドルが安いうちに買い、レートの変動によって高くなった売る』こういった流れが簡単に想像がつくと思います。

 

ただ、FXの場合は『売り』から入る方法もあるのです。

 

円の価値が安いうちに先に売っておいて、価値が上がれば買い戻すという方法ですが、どちらにせよ『売り』と『買い』を1セットで取引になるのです。

 

ここで、新規注文について例を挙げながら説明していきます。

 

まず、ドルを円で買うケースです。

 

仮に1ドル=110円で「買った」とすると、これで、取引に参加できるドルを所持したため、ポジションをもつことができました。

 

このポジションをもつことを『新規決済』と呼びます。

 

しかし、FXの特徴は「買って売る」だけでないのが特徴です。

 

ドルを売ることからスタートするケースなら、はじめにドルを売ったところで取引がスタート、取引のポジションを得たため『新規決済』になります。

FXの基本は新規注文に始まって決済注文に終わるのが基本です。

 

つまり、「反対売買」とは、“買った商品を売り返す”または“売った商品を買い戻す”という売買のことを言い、 差金決済であるFXでは、差額を生み出す為に反対売買を行っていくものなのです。

 

このような取引だからこそ、利用者は差額金という利益を生み出すことができ、取引業者は売買を行う際の「手数料」を利用者からもらうことで利益にしています。

 

つまり取引業者は、一度の取引で「新規注文」と「決済注文」の2回分の手数料を利用者から獲得できるということになります。

 

FXを利用するうえで、レートが上昇さえすれば、レバレッジ効果によって手数料はさほど気にかかるものではなくなりますが、レートの変動がなければ『利益=(売値+手数料)−買値』となり、手数料分の損失が出てしまいます。

 

仮に、1万円で買って1万円で売ったとしても差し引き0というわけにはいかないということです。

 

また、利用者は為替のレートが下がれば、差額金と手数料の2重の損失が発生してしまう痛手を負うことになることも頭に入れておかなくてはなりません。

 

レートの変動で2重の痛手を負うことのないよう、あらゆる情報からレートの動きを分析することが大切ですし、投資のつもりがただの浪費だったなんてことはできるだけ避けたいところです。

 

レートの動きを分析する方法の基本的なものとして、ファンダメンタル分析とテクニカル分析というものがありますから、参考にするといいかもしれません。

最新ニュース

  • YAHOOスポーツ・・・サッカー、野球、ゴルフ速報
  • YAHOO地図・・・地図の検索、ロードマップ
  • YAHOO天気・・・最新天気情報
  • YAHOOニュース・・・ニュース速報
  • 美容皮膚科
  • 債務整理

  • ホーム RSS購読 サイトマップ
    HOME 反対売買と損益 新規注文の方法 決済注文の方法 成行注文の方法 指値注文の方法